2020年12月01日

用語

さぁ忘れられない年、2020年最後の月です

残り31日、余す事なく毎日をしっかり噛み締めて過ごしたい

本日は、ここ最近では本当に珍しい篭り仕事

始業前に事務所から最寄りの病院へインフルエンザの予防接種に行ったくらいだろうか

コロナ同様、今年も猛威を振るうという感染病、混雑を避け出来る時に打つ、これに尽きる

特に今回有り難いのは、所属する商工会の青年部の年間イベントが悉く中止になった事を受け、何か他に役に立つ部費の使い方を模索した際に、この部員にインフルエンザの接種代の一部を助成すると言ったことになったとか

年末年始に近づくに連れ、危機管理能力が問われるご時世、特に今の時期は「自己管理・自己判断」が求められる

しっかり対策を講じ、備える気持ちを...忘れない

今ならまだ、朝一番であれば10分程の待ち時間で受診出来ますので、皆さんも是非早い段階で予防いたしましょう

さて...今年の流行語が発表

その年を表す言葉や呼び名が多い中...

2020年は、コロナに始まりコロナに終わる一年、ゆえに
・「3密」やら「アマビエ」、「アベノマスク」に始まり「オンライン〇〇」「GO TOキャンペーン」、その他ムーブメントを起こした「鬼滅の刃」や「あつ森」などがある

一昨年前の2019年は...それこそ、ラグビーWC一色
・「ONE TEAM」や「ジャッカル」、「笑わない男」などなど...その年を彩ったものが中心となり分かり易くもある

こんな所謂「用語」...

暦も12月、今月は来年飛躍の為に、一層の営業力を高めつけるべく、ここブログで「ビジネス用語」を勉強していきましょう

物凄く数多く存在する中で、「主」なものを幾つかピックして自分なりに上げるよういたします

私共、都内へ出向くとひとたび用語も、対商社や対大手企業向けの営業プレゼンになる為、改めてここで意識を高めるのは自分の肥やしにもなる

それでは、皆さんもご一緒にLET'S STUDY(本日はあ行から)

・アサイン
英語の"assign"から「任命する」、「割り当てる」などの意味。一般的には、役割に人を任命する際に用いるが、ITの分野では、例えばある特定のキーに操作を割り当てることなどを意味する

・アジェンダ
英語の"agenda"から「行動計画」、「協議事項」などの意味。「計画表」や「会議進行表」そのものを指すこともある。また、ビジネスの世界と異なり、政治の世界では「政策」という意味で用いられる、かつて頻繁に用いられた「マニフェスト」("manifesto")もほぼ同じ意味

・アテンド
英語の"attend"から「世話をする」、「付き添う」などの意味。お客さまをご案内する、お世話する、接待する際などに用いる

・インバウンド/アウトバウンド
英語の"bound"「~行き」に、"in"「内」/"out"「外」を合わせ、「内向きの」、「入ってくる」/「外向きの」、「出ていく」という意味で用いる
例えばコールセンターであれば、電話を受ける業務はインバウンド/電話をかける業務はアウトバウンドとなる
海外からお客さまが日本を訪問することをインバウンドというのはこのため

・インフルエンサー
英語の"influence"(「影響」、「感化」)から派生して、「影響を及ぼす人」、「有力者」などの意味
近年では特に、インターネット上の発信(ブログ、動画サイト、SNSなど)において、他者の購買意欲や行動に大きな影響を与える人をさす場合が多い

・エスカレーション
英語の"escalation"(「段階的拡大」)から、「上位者に対応を求めること」の意味。特にコールセンター業界では一般的な用語で、一次対応のオペレーターが対応困難と判断したお客様の電話を上位者に転送し、上位者が引き継ぐことを指す

・エビデンス
英語の"evidence"から「証拠」、「物証」などの意味
金融機関における本人確認のための公的書類や、医療機関における医学的・科学的根拠など、業界により幅広い用いられ方をする

・オンスケ
英語の"on schedule" の略語で、「予定通りに」、「定時に」という意味
主に、作業の進捗状況を尋ねられ、回答する際に用いる。同じ"schedule"という単語を使用した用語に「リスケ」がある

今日はこんなところにしましょうか

ビジネス用語と位置付けするよりも、最近ではネットやYouTubeなどの動画等でも聞き覚え多い用語が多いですよね

そういった場で自然に身につくと、気難しくなく自身に浸透し易いものです

また機会を見て「続き」を紹介しますね

それでは1日、神棚掃除と榊の交換を終え...残り31日、年末の締め括りまで最良の年になりますように

藍-東北訛りの人のビジネス用語が滑稽な件-の人

2020年.jpeg
posted by 株式会社INDIGOBLUE at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする